公園での成長

初めて公園に行ったのは1歳になった頃でした。歩けるようになり、楽しそうに芝生の上を歩いていました。

徐々に遊具を興味を持つようになり、一緒にすべり台やブランコを楽しめるようになりました。公園が大好きでよく行っていたので、同じ年頃のお友達ができました。

2歳になった頃には言葉が上手に話せるようになり、自我がとても強かったです。いつも一緒に遊ぶ友達を押してしまったり、「あっち行って!」と友達に言って泣かせてしまうこともあり、私も公園へ行くのがしんどくなりました。

それでも友達のことは好きで、「○○くんがね…」とよく家で話してくれました。本当は仲良くしたいのに距離感が難しかったようです。普段の生活から「どうぞ」や「ありがとう」、「ごめんね」をしっかり教えました。

ある時、いつもは自分の遊んでいるものを取られてしまうと怒っていたのが、「どうぞ」と言って譲れるようになりました。初めて言えた時はすごく嬉しかったです。

友達から「ありがとう」と言われて照れながら嬉しそうにしていた顔が忘れられません。少しずつ友達との接し方を学んでいき、「一緒に遊ぼうよ」と自分から誘えるようになったり、転んでしまった子に「大丈夫?」と声をかけられるようになりました。

公園を通して少しずつ成長を見れることがとても嬉しいです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です